自動車保険の搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いは?

搭乗者傷害保険は傷害の程度で給付額が変わる


任意の自動車保険に加入するとき、まずは対人賠償保険や対物賠償保険などを主契約として加入するでしょう。それ以外の保険は必要に応じて追加していきます。運転者自身や搭乗者に対する給付を受けたいのであれば搭乗者傷害保険があります。こちらはどんな基準で保険金が支払われるかですが、対象の人が受けた傷害の程度で保険会社が金額を決めて支払います。むち打ちになったときや骨折をしたりするかもしれませんが、保険会社が傷害の種類や部位ごとにあらかじめ決められた基準で保険金を決めます。治療のための費用が損害になりますが、必ずしもその治療費に該当する金額が受けられるわけではありません。一方で治療費以上の給付が受けられるときもあります。

人身傷害保険は保険金額を決めて加入をする


生命保険に加入するとき、自分が死んだらどれくらいのお金が必要になるかなどを考えて保険金額を決めます。そして実際に死んだときにはあらかじめ決めておいた保険金額を受け取れます。自動車保険の人身傷害保険でも加入の時に将来受取る保険金額の上限を決めて加入します。すべての傷害で上限一杯受けられるわけではなく、基本的には損害額に対しての給付になります。上限一杯払われるときもあれば、損害がそれ以内なら損害額が給付されます。搭乗者傷害保険は損害に関係なく定額の給付になるので、治療費を賄えない可能性があります。人身傷害保険に入っておけば、上限はあるものの治療費として発生した損害分の補償が受けられます。保険金額を高めに設定しておけば、損害額を確実に補償してもらえます。