自賠責に入っていれば自動車保険は不要なの?

自賠責保険は相手への補償のみ


強制保険とも呼ばれる自賠責保険は、交通事故の被害者を救う目的で、加入が義務付けられています。例えば交通事故を起こした場合、自賠責保険から保険金が支払われるのは、事故相手など他人の身体に関わる部分のみです。また保険金額には上限が定められています。 ・死亡:3000万円 ・ケガ:120万円 ・後遺障害:75万~4000万円(後遺障害の程度により支払額が変わります) もし相手もケガをしたけれど、自分も同じようにケガを負ったり、お互いの車に修理が必要になった場合、自分のケガの治療費や車の修理代を自賠責保険でカバーすることはできません。また相手への賠償額が高額になった時、自賠責の限度額を超えた部分は自己負担しなければいけません。このように交通事故によるさまざまなリスクに備えるのが任意保険と呼ばれる自動車保険なのです。

相手だけでなく自分への補償にも対応


自動車保険にはさまざまな補償プランがあります。例えば対人賠償責任保険です。これは事故相手(人)に対する補償です。相手に対して、まずは自賠責保険から保険金が支払われますが、上限額をオーバーした部分は「対人賠償責任保険」から支払われます。また対物賠償責任保険とは、相手の車や家の塀・ガードレールなど(もの)に対する補償、人身傷害保険や搭乗者傷害は自分や自分の車に乗っている人のケガなどへ備える補償です。さらに車両保険は、自分の車の修理費などが支払われるので、修理代すべてが自己負担になる心配もありません。また自動車保険には、多くの場合ロードサービスがセットされています。事故や故障で車が動かなくなった時のレッカー移動サービス、ガス欠時の給油サービス、キー閉じ込み時の解錠サービスなど。加入する保険会社によって内容は異なりますが、事故に関連する困りごとまでサポートしてくれるのが自動車保険なのです。