自動車保険の搭乗者傷害保険で補償される範囲は?

搭乗者損害保険とは何か


特定の保険会社と契約している車に乗っている人、運転手と助手席や後部座席に乗っている人を対象とする保険が、搭乗者損害保険です。自動車事故を起こした際に、搭乗者が怪我あるいは亡くなった場合、指定された金額が補償金額として支払われます。多くの保険会社では、人身損害保険と自損事故傷害特約を併用して契約することができます。自動車事故に対する保険には、歩行者などに怪我を追わせた時の「対人賠償責任保険」、相手の車などに損害を追わせた時の「対物賠償責任保険」が知られています。それに加え、自動車に乗っている全ての人を対象とする「人身傷害保険」と「搭乗者損害保険」といったものがあり、これらに加入することで、不測の事態に対処可能となります。

搭乗者損害保険で補償される範囲


搭乗者損害保険では、自動車に乗っている人が、怪我によって入院、もしくは亡くなった時に補償金が支払われます。具体的には、死亡した場合は1,000万円が、後遺障害が起きた場合は死亡保障の4%以上の金額が、骨折などで5日間入院した時は15万円などとなっています。部位症状に応じて、一定額が一括支払いされることが一般的です。保険会社によっては、部位症状ではなく、事故ごとに10万円が支給されるなどの「定額医療保険金」タイプや、死亡補償を除いた「傷害一時金」となっているタイプもあります。人身傷害保険と保証の範囲が同様となっているため、搭乗者傷害特約の形で人身傷害保険とセットのケースもありますが、過失割合に関係なく素早く支払われるメリットが存在します。