自動車保険の対人賠償補償の限度額はどう設定する?

相手のためにも無制限で設定しておく


自動車保険の自賠責保険は対人賠償しかありません。自動車事故ではいろいろな損害が発生し、生活に大きく影響するときもあります。その事故の原因となった相手に損害賠償を請求したとき、相手に損害賠償をするだけの資産が無ければそれ以上の請求ができません。自賠責の対人賠償は損害賠償の一部を賄え、死亡事故の時は上限が3千万円まで対応できます。ただ現実には必要な損害賠償が3千万円を超えるケースが多く、任意の自動車保険の対人賠償に入っていないと相手に損害賠償ができなくなります。相手がどんな人でもきちんと損害賠償が行えるよう、限度額を設けない無制限に設定しておくのが一般的な加入の方法になります。自分のために加入するのではなく、相手のために加入すると考えましょう。

限度額を変えても保険料は大きく変わらない


自動車保険に加入するとき、できれば保険料を安くしたいでしょう。自賠責はどの保険会社から入っても同じですが、任意の自動車保険は各保険会社によって異なります。任意で対人賠償保険に加入するときも保険会社によって少しずつ保険料が変わるので、できるだけ安いところを選ぶのがいいかもしれません。この時に保険料をさらに下げたいなら限度額を下げる手があります。通常は無制限ですが、1億円や5千万など任意に限度額を定められ、それに応じて保険料も安くなります。ただ下げたら保険料が劇的に下がるかですが、実際はそれほどでもありません。無制限と1億円とで1年で数百円違うかどうかです。それなら無制限にして多額の損害賠償に備えた方がいいと言えるでしょう。