自動車保険の搭乗者傷害保険は保険金額を決められるの?

搭乗者傷害保険は保険会社によって保険金が異なる


自動車保険を選ぶとき、保険会社をどこにするかは非常に重要になります。万が一に備えるためで給付を一切考慮しないのであれば、できるだけ安いところを選んでもいいでしょう。一方で万が一が起きた時にできるだけ満足の行く給付を受けたいのであれば、より充実した給付をしてくれる保険会社を選ぶようにしましょう。搭乗者に対する補償をしたいのであれば、搭乗者傷害保険に加入するのが良いでしょう。実はこの保険は加入者が保険金を決められるわけではありません。傷害や部位、その他の程度により保険会社が金額を決めています。それぞれの保険会社で傷害ごとの金額が異なるので、給付が多くなるところも少なくなるところもあります。多く受けたいなら多く給付してくれるところを選ばなくてはいけません。

搭乗者傷害保険は保険会社が決めるからこそのメリットがある


保険を支払う事象を保険事故と呼ぶときがあります。保険事故が発生したら保険の加入者は保険会社にそれを伝えます。すると保険会社は本当に保険金を支払うべきかどうかの審査を行います。そしてそれぞれの保険の内容に従って給付を行います。自動車事故において搭乗者に給付できる保険として、人身傷害保険と搭乗者傷害保険があります。人身傷害保険は上限などを加入者が決めて加入できますが、損害額が確定するまで給付が受けられません。つまりは給付までそれなりに時間がかかります。搭乗者傷害保険は加入者は加入するかどうかを決めるだけです。一方で傷害の状況が分かればその時点で給付が受けられます。保険会社が定額で決める仕組みなので、比較的早く給付が受けられます。