対人賠償保険は他人なら補償してもらえるの?

家族は事故の相手でも同乗者でも対人賠償されない


自動車を保有するときに加入するのが自動車保険で、自賠責は対人賠償のみになります。さらに補償をつけたいなら任意の自動車保険に加入しないといけません。自賠責には上限があるので、任意の自動車保険では対人賠償を無制限にしておくのが一般的になるでしょう。しかし家族に対してはどんなケースでも対人賠償されません。よくあるのは家族が同乗していてけがをするときでしょうが、家族であるがゆえに自動車保険からは何ももらえません。では家族を自宅前などでひいてしまったらどうなるかですが、その時も対人賠償の対象にはなりません。家族の補償をしたいのであれば別途そのための保険に入っておく必要があるので、何を追加しないといけないか考えておく必要があるでしょう。

他人であれば事故の相手でも同乗者でも対人賠償保険が使える


自動車保険は万が一に備えるための保険です。安全に運転しているから大丈夫と考える人がいますが、道路上にはいろいろなトラブルの要因があります。相手の運転ミスもあれば人や自転車の飛び出しなどもあり、運転ミスをしていなくても事故になる可能性があります。対人賠償保険は自動車事故の相手の損害を補償してくれ、無制限にしておけば損害賠償ができない状態を避けられます。では友人や同僚など他人を同乗させていたときに事故を起こしたときはどうなるかです。対人賠償保険といえば事故の相手方に対して補償を行うイメージがありますが、実は同乗者に対しても補償が行われます。ただし家族に対しては行われません。他人に限られるので注意が必要になります。